2015年08月21日

私にとってのカウンセリングと、音楽と

夜になると虫の音が届くようになり
暑かったこの夏も、ようやく一段落。

8月は、イベントをはじめさまざまな出会いや、とても大切な研修や、
その研修の旅先で風邪を引いて寝込んだり
さまざまな人とのやりとりや
いろいろなことがあって、
いろいろなことを感じさせられる濃い日々でした。
(まだ半ばだけど)

詳しいことは省きますが、そんな日々の中で、
私にとってこれまで、つながっているに違いないという確信があったけれど
どうしてもつかめなかった、言葉にならずにここまできた
私にとってのカウンセリングと、音楽のつながりが
その両方をやりたいことの意味が
ようやく見えてきた気がして、
この記事にまとめておきたくなりました。

ちょっと説明が長くて、自分のための記事になってしまうかもしれません。

カウンセリングというのは、私にとっても、たぶん一般的にも
「癒し」ということとほぼイコールに近いほどの密接なものであって
でも、「癒し」って、なんだろう…と、仕事をすればするほど、
考えれば考えるほどわからなくなっていたこの10年余りでした。

音楽も、「癒し系」と言っていただくのが嬉しくて、
でも、カウンセリングとは明らかに違って、だれかの心の傷と向かい合ったりはしない。
カウンセリングの癒しとどう違うのか。
そして、どうして、両方やってるんだろう、私はどうしたいのだろう、どこに向かいたいのだろう、と自問自答の日々。

カウンセリングについて言えば、カウンセリングの目的って、癒しって、結局、
問題解決するということ?
それとも、気持ちが重要?悲しみ苦しみを分かちあってもらって、気持ちが楽になること?
それとも、問題を手放すこと?
問題を乗り越えることで、成長すること?
ありのままの自分を受け入れること?自信を持てるようになること?
自己実現すること?
…etc.

その自分なりの答えに気づくために、「ロルフィング」という、体からのアプローチのこの方の記事がとても参考になりました。
(勝手に、ネットで行き当たって読ませていただきました)

ロルフィングとは、体の本来の伸びやかな働きを取り戻すためのもので、その過程で深い呼吸や、体の中の柔軟なつながりが取り戻される、と私なりに理解していますが、
その意味を、心の側面に置き換えたものを、カウンセリングでやりたかったのだと。

私にとって「カウンセリング」の「癒し」とは
その人が、本来もつその人の素晴らしさ、本来の伸びやかなその人らしさを存分に発揮できるようになるという目的のために
その妨げになっている心の傷や、こわばりなどを解放することだったのだとわかりました。

そのための、方法としての受容や共感であり、問題解決(を一緒に考えること)であり、副産物として成長があったり、自己受容があったり…なのだなあと。

「調和」と「全体性」。
これが心身において保たれていれば、人は自然に満たされた状態で時の流れに従って変化していき、
人とのあたたかなつながりを築き、その中で成長し、自分らしさを発揮して生きていくことができる。
自分の心身を信頼し、力を入れすぎずに穏やかにさまざまな物事にしなやかに対処していくことができる。

けれども、その自然に動いていくはずの変化の流れが妨げられるところに、心の傷やこわばりがある。
カウンセリングを通して、私はその流れを妨げているものを取り除くお手伝いがしたい。

そして、音楽を通して、
その人の妨げられていた自然な流れが動き始めたとき、そこから輝き出すその人のもつ本来の美しさと響き合いたいのだと思います。

あなたは素晴らしい。私も素晴らしい。
あなたも、私も、そのままで、いいんだよ。
あなたの中の、内なる自然や、宇宙や、愛と、素晴らしさと、喜びや悲しみや、さまざまな自然な想いと、共鳴したい。
音楽をしているとき、私自身に対しても、聴いてくださる方に対しても、私にはそんな想いがある気がします。

私自身が、これからもっと自分の中のさまざまなものと向き合い、解放され、より深まっていく中で
人と共鳴できる部分は増えていくのだと思うし、
カウンセリングと音楽が、より分ちがたいものとして私の中で重なり、しっかりとより合わされたひとつの綱になっていくのかもしれない、そうなっていってほしいと思います。

カウンセリングも、音楽も
未熟な限りですが、
向かいたい先がようやく見えて来たことが、今の喜びです。
そして、今の不完全な私も、このままで十分に素晴らしいのだと、受け入れることにしましょう。
みんな、そのままで十分に素晴らしい宇宙なのだから。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



明後日の23日、チャリティーコンサートに出演します。→詳細はこちら


posted by Yoriko at 22:28 | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

墨絵と、感性と、生き続けるもの

熱く語るシリーズ〜ぱふぱふぱふ
墨絵編!(…続くかどうかはわかりません)


昨日は、美術館の図録などを見ながら、国宝や重要文化財の墨絵などについて教えていただきました。
墨絵は数年前まで触れたことのない世界で、初めははよくわからなかったのですが
昨日は突然に、山肌の荒々しさや、満月の白々とした光や
静かな水面をゆく一艘の舟の美しい光景が心に迫ってきて
すっかり惹き付けられて時間を忘れてしまいました。

実は先日、編集作業をしているときにずっと「蒔絵」のイメージが浮かんでいました。
金粉や、螺鈿のように、大好きな音をちりばめて、丁寧に一つの模様を作り上げていく。
そんな感覚で作れていることが、とても楽しくて嬉しくて。

その日以来そのイメージが、私の中で音と視覚的なアートのつながりを強めるきっかけをくれたような気がします。
「絵に流れる音」という感覚に気づいたとき、突然、私の中で墨絵が生き生きと息づき始めました。
墨絵なのに、色彩があるかのように…。

繊細な濃淡と、空白と、力強いうねりと、リズムを感じる配置、どこまでも広がる静けさ。
先人はどれだけの思いを持って、この光景を眺め、切り取り、筆にのせたのだろうと思うと苦しいくらい心がいっぱいになる。

宮本武蔵が、さすが絵も素晴らしく達者なことにも驚きました。
その知性と感性がはりつめるような精神性となって統合されているような。
ほとんど知らなかった与謝蕪村の俳句も知って、その懐かしく生き生きした情景が、また目に浮かんでリンクしたり。

美しい情景もすべて、架空ではなく、かつてあったまま、時を隔ててそこに生き生きとあり続けている不思議を感じました。
自然そのままではなく、だれかの感性を通して切り取られたからこそ、そこに生き続けているのだということも。

人間っていう存在はなんなのだろうと思う。
感じることこそが人間の本質なんだろうか。
果てしなく無限にあるその感性と表現の世界。
わからなかった世界の入り口に、少し招き入れてもらった気がして嬉しい。
どんどん面白くなっています。
posted by Yoriko at 01:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

風に乗せて

超めずらしく立て続けの投稿

とあるご縁で、
尊敬する心理の大先輩のリラグゼーションの場に、私の音を使っていただいています。

こころ。安らぎ。自然。ひかりに満たされること。…
私が作る上で大切にしてきたことを、大切にしてくださる場。

そんな気がして、このような出会いにとても励まされ、驚きと嬉しさでいっぱいです。

R0013872.JPG


私の大好きな百合丘の「たまり」さんでは、
赤ちゃんが来店すると、私のCDをかけてくださるそうです。
「子どもがぴたりと泣き止むCD」なのだとか…

きっと、店主のまりさんのそんな細やかなお心遣いのせいではないかと、
私は思っているのですが
でも、少しでも子どもたちの心地よさにつながっているのなら
こんなに嬉しいことはありません。

もっともっと心をひらいて、音を音楽をこの世界に
風に乗せて、届けたい。

そんな私の心の中から聴こえてくる声が、少しずつはっきりしてきている気がします。

川のせせらぎの音のように
木々の葉ずれの音のように、
耳を傾ける人のこころを癒し
必要のない人には邪魔をしないような
そんな音楽を奏でていきたいのです。


いつもありがとうの感謝をこめて


手作りの佐渡料理があたたかくて美味しくて、つい長居してしまうたまりさんのHPは、こちらです




posted by Yoriko at 21:30 | TrackBack(0) | 音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする