2014年02月09日

出逢いの日々

長い文を、書いたのですが、保存しようとしたら消えたので、今、書き直すか田舎…じゃなくて否か、、書き直しましょうダッシュ(走り出すさま)


*き*を*と*り*な*お*し*て*************************************************

たくさんの出逢いの日々です。

一昨日、葉っぱの画家、群馬直美さんの展覧会に伺って。

美大生時代、美しいものを作ろうと思って作った作品が子どもに「こわい」と泣かれてしまって、
どうしたらよいのだろうと悩んでいたら、ふと葉っぱのきらきらとした美しさが目に入ったそうです。

それから30年以上も葉っぱに向き合って、一筋で描いてこられた方

とても丁寧に丁寧に向き合っているからこそ、伝わってくる、繊細な輝きと優しさを感じる絵です。

「葉っぱの妖精」とみなさんに言われていた群馬さんは、「葉っぱと自分」というふうに二分されていない感じというか…対峙して描くのではなく、なにか葉っぱそのものになって、葉っぱのこころを描いているように感じました。

何より、枯れた葉っぱや、傷のある葉っぱのそのままが美しい、とありのままに描いていらっしゃることが、最近の私の感じていたことと重なって、心に響いてきました。

その葉っぱたちに囲まれた空間で、私はピアノを弾かせていただいたのですが、その空間になじんでいるとおっしゃってくださって。

群馬さんは、バレエやその他のダンスもずっと踊ってこられたそうなのですが、
実は癌になって治療をされたばかりで、足の裏に小石が入っているみたいな感じがして、1年半踊っていなかったとのこと。
それが、私の音を聴いて、踊ってもいいと思ったとおっしゃられて、
今日は、私のピアノに合わせて踊ってくださいました。

4月の講演会でも、最後に踊ってみようかとおっしゃって、ご一緒させていただけることになりました

その他にも、ポエトリーリーディングの川口知子さんが、たんぽぽの詩やピアノの詩を読んでくださって、それに音を添えたり、素敵な絵本作家さんや、遊び心と感性あふれるコーヒー屋さんのお話や…喫茶店


出逢いは相手によって毎回違うように、その出逢いから生まれる音もいつも新しい音なのですね。

いろんな出逢いをたっぷりと楽しんでいて、ありがたく、幸せな日々です。

いつも読んでくださってありがとうございます


アグレアブル・ミュゼさんで生けられていた蝋梅。
R0013399-001.JPG

posted by Yoriko at 22:18 | TrackBack(0) | 音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

大切なメッセージ

先日、大岡山にある、エンジェルたちの集うお店「Dear Heart」に、新しいCDを持って伺いました。

お店で一緒に聴いてくださった店長のチカコさん。聴き終わったあと、「メッセージを受け取りましたよ」といって、こんなことを教えてくださいました。

聴いているときに、天女のような、観音様のような方が現れて、次のように伝えられたというのです。
「自分を愛しなさい。皆、地球の細胞のような存在なのだから」
と…。


正直なところ、私自身はそういう「自分を愛する」ということや、「地球の細胞」ということを、まったく意識することなく作っていたので、どうして私のCDを通じて、そういうメッセージが伝えられたのか…?と、すぐにはピンと来なかったのですが…

チカコさんに、「このCDが、賀子さんが自然への愛情を感じながら作っているCDだからだと思う」と言っていただいて、そうか、そんなふうにつながっていたんだ…、、と、分かってきたのでした。

確かに、地球の、自然への愛しさを感じて作ったものです。そして自分は、実はその地球と別個に切り離された存在ではない。自分は、その素晴らしい地球の一部なんだ、ということなんですね…。

そんなふうに思ったら、自分をじゃけんになんて、できるはずがない。

自分を愛することが地球を愛することだし、
本当は他のいのちと自分のいのちも、みなつながっていて、みなかけがえのないひとつの大きないのちの一部なのですよね……

なんて深い、あたたかなメッセージ。。
そう思ったとき、私にとっても、とても大切なことを伝えていただいた感じがしたのでした。

(と書いてからふと見ると、あれ、プロフィールに書いてることだ……^^;きっと、私自身も何度も繰り返し、いろんな角度から教えられて、少しずつ分かっていくことなのでしょうね。)

私にとっても、他の誰にとっても、とても大切なメッセージであるように思ったので、了解をいただいて、シェアさせていただきました。

そして、チカコさん、こんな素敵な写真も撮ってくださいました。きゃーー、カワイイ…

1461457_275633282561614_1472888918_n.jpg


チカコさんが受け取ってくださったメッセージをご紹介しましたが、たくさんの方から、様々なご感想をいただいて、驚きや、喜びや、感動…いろんな嬉しい思いを感じています。この場をお借りして、改めて心よりお礼申し上げます。

「Dear Heart」は、可愛らしい天使たちや、アート作品、ヒーリンググッズなどが販売されている、いつもキラキラの素敵なお店ですぜひお立ち寄りください。CDも、ご試聴いただけます。


いつも、お読みいただきありがとうございます。

posted by Yoriko at 13:28 | TrackBack(0) | 音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

「You Go 麻生」に参加しました♪

こんにちは!あっという間に今年も残すところ2週間ですね…!

先週末、かわさき市民公益活動「You Go 麻生〜ぼくらはみんな生きている〜」というイベントに出演しました♪(以下、Cosmoアートセラピーに投稿した記事と同文です)「You Go麻生」は、「子供からお年寄りまで、障害のある方もない方も、バリアを取払い、融合しましょう」という趣旨のイベントで、今年で8回目の開催になります。

私は第二部のショータイムのフィナーレ、バンドメンバーとして出演しました。

きっかけは、ある方にご紹介いただいて、お稽古を見学に行ったこと。

その日、よく分からないままにお稽古場をたずね、ドアを開けると、「見上げてごらん夜の星を」の合唱が、耳に飛び込んできました。なんともいえない、あたたかな空気がその場を包んでいました。その瞬間、「私もやりたい」と思ってしまったのです。

いち表現者として、演劇や朗読、ダンスにも興味津々の私は、それからのお稽古を見ているのが楽しくて楽しくて…

演目は、オスカー・ワイルド原作の「幸福の王子」「薔薇とナイチンゲール」その他、ダンスなど。
少女と少年の初々しい恋や、愛を知らなかったツバメが、「だれかのために」というあたたかな気持ちをしっていく、すばらしさ。ひとつひとつの表現がとても面白く、なるほど、こうやって表現するんだ〜と、とっても新鮮でした。そして、人が体いっぱいにつかってなにかを表現する姿は、なぜこんなに心を打つのだろう…と思いながら、いつも感動して見ていました。

薔薇とナイチンゲールの一場面。

??-3.JPG

ナイチンゲール役を点字で朗読された、目の見えない方のとつとつとした朗読は、不思議なほど純粋に訴えかけ、静かな感動を呼んでいました。

「母のように」ナイチンゲールを死の国へとつれてゆく、死神の踊り。美しい音楽とあいまって、圧巻でした。

??-7.JPG


歌あり踊りありのショータイムは、普段の私のレパートリーにはない、「茶色の小瓶」「Sing Sing Sing」「オーシャンゼリゼ」などを演奏。リハーサルの写真ですが、こんな編成で、とっても楽しかったです!!

??-5.JPG

アンコールでは、10月に亡くなられたやなせたかしさんの「ぼくらはみんな生きている」で始まる、「手のひらを太陽に」を客席の皆様と一緒に合唱しました。


初めて見学に行った日に、魅せられてしまったのは、曲が良かったから、名曲を生で聴いたから…、、それもあるでしょうが、「さまざまないのちが生きていること」への、「それぞれの、本当の幸せってなんだろう」という、「You Go 麻生」の問いかけの、真摯なあたたかさがあったからだと感じています。

生きていることって、愛って、幸せってなんだろう…そんなことを考えながら、これからも、わくわくする活動をやっていきたいと思っています。





posted by Yoriko at 19:13 | TrackBack(0) | 音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする