2015年07月03日

墨絵と、感性と、生き続けるもの

熱く語るシリーズ〜ぱふぱふぱふ
墨絵編!(…続くかどうかはわかりません)


昨日は、美術館の図録などを見ながら、国宝や重要文化財の墨絵などについて教えていただきました。
墨絵は数年前まで触れたことのない世界で、初めははよくわからなかったのですが
昨日は突然に、山肌の荒々しさや、満月の白々とした光や
静かな水面をゆく一艘の舟の美しい光景が心に迫ってきて
すっかり惹き付けられて時間を忘れてしまいました。

実は先日、編集作業をしているときにずっと「蒔絵」のイメージが浮かんでいました。
金粉や、螺鈿のように、大好きな音をちりばめて、丁寧に一つの模様を作り上げていく。
そんな感覚で作れていることが、とても楽しくて嬉しくて。

その日以来そのイメージが、私の中で音と視覚的なアートのつながりを強めるきっかけをくれたような気がします。
「絵に流れる音」という感覚に気づいたとき、突然、私の中で墨絵が生き生きと息づき始めました。
墨絵なのに、色彩があるかのように…。

繊細な濃淡と、空白と、力強いうねりと、リズムを感じる配置、どこまでも広がる静けさ。
先人はどれだけの思いを持って、この光景を眺め、切り取り、筆にのせたのだろうと思うと苦しいくらい心がいっぱいになる。

宮本武蔵が、さすが絵も素晴らしく達者なことにも驚きました。
その知性と感性がはりつめるような精神性となって統合されているような。
ほとんど知らなかった与謝蕪村の俳句も知って、その懐かしく生き生きした情景が、また目に浮かんでリンクしたり。

美しい情景もすべて、架空ではなく、かつてあったまま、時を隔ててそこに生き生きとあり続けている不思議を感じました。
自然そのままではなく、だれかの感性を通して切り取られたからこそ、そこに生き続けているのだということも。

人間っていう存在はなんなのだろうと思う。
感じることこそが人間の本質なんだろうか。
果てしなく無限にあるその感性と表現の世界。
わからなかった世界の入り口に、少し招き入れてもらった気がして嬉しい。
どんどん面白くなっています。
posted by Yoriko at 01:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます

i-hituji27.png


(今日は羊さんのイラストが気に入ってしまったので、出演してもらいます♪)


昨年は、さまざまなご縁をいただき、忘れられない思い出がたくさんできました。

そのどれもがありがたく、
大切で幸せな時間でした。

また一年を無事終えることができたのは
皆さんのあたたかさ、お力添えのおかげだと思います

本当にありがとうございました

今年も学びを深めて、還元できるように自分を磨いていきたいと思いますぴかぴか(新しい)


そうそう
大変ご報告が遅れてしまいましたが、12/7に行われたYou Go麻生

無事、通行人のエキストラを果たすことができましたexclamation

そしてそしてオリジナルの弾き語り3曲、無事につとめさせていただきましたわーい(嬉しい顔)


優しい想いのつまった舞台で、大事な機会をいただいたこと
かけがえのない時間になりました。

とてもとても緊張しましたが、
大きなホールの空間に私なりの想いを、心をこめて解き放ったつもりです。

最後は会場のお客さまとも一緒に東日本大震災プロジェクトのテーマソング「花は咲く」を合唱して、
涙…


二度とこない、何気ない日常
その中で、迷ったり、失敗したり、間違ったりすることさえも
本当は、間違いはなく、
何一つむだなことはなく
どれもすべてがかけがえのない、愛おしい、大切な一瞬なのだということ

今過ごしているこの日々を
感じ、味わいつくして、生きていきたい。

i-hituji93.gif

年末には、弾き納めに今年出会った大好きな葉画家、群馬直美さんのダンスに即興で伴奏させていただいて
無心に踊られる姿に
どのような想いで歌い、演奏し、表現するのかを
また、感じさせられる時間となりました。

迷ったり、愛し愛されたり、笑ったり泣いたりしながら、そのすべてを抱きしめて
生きていこう。

その日々の愛おしさを
かけがえのなさを表現していきたいと
新たな思いをかみしめている新年です。

i-hituji99.gif


違った


i-hituji162.png


今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そして皆様にとっても幸せな一年となりますように、心よりお祈りしております


i-hituji48.gif


おまけ
ちょい悪ひつじ

i-hituji289.png




続きを読む
posted by Yoriko at 21:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

自分を愛おしむこと

今日は、とあるセラピーグループワークに参加してきました。

私には珍しい内容の日記だけど、ちょっと今感じていることを書いておきたくなったので。


ワークを通して
たくさん人や自分の弱さを見て、強さとしなやかさと可能性を見て、
人ってすごいな〜と思う夜。

未熟で未完成で弱い自分だけど、そのままでいいし、
だからこそ、愛おしいんだな。
そう思えた。

自分をいっぱい愛おしんで、いっぱい慈しんだ先にこそ、
人のいのちは花開いていく気がする。
その先にこそ、人とつながりあえる道があると思う。


突然の回想録だけれど、3年前、病気になり手術をしてから心身の揺れが激しくて
ポジティブにとらえようとしてみたり
ストレスになっていると思うことを排除してみたり
私は守られているから大丈夫と思ってみたり
さまざまな療法を試してみたり
それらはそれぞれ、私を助けてもくれたけれど
そうしながら本当はどこか、病気という事実に傷ついた自分から、逃げるようにしてここまできた。

病気が自分の無理を教えてくれていたのに
自分を駆り立てて、病気になる前と同じ生き方をしていた。

どこかで、無力感や斜に構えてしまった自分がいることへの焦りを感じながら。

けれど、今日のワークをはじめ、(もっと前から)
いろいろな人の力を借りて、少しずつ、本当に少しずつ、私らしい感覚が戻ってきた。
ずいぶん遠回りしたけれど。
そしてまだ途中なのだろうけれど。

戻ったようでいて、たぶん、螺旋をぐるっと回ったように、少し違う私になっているのだろう。

以前は自分の所有物のように錯覚し、コントロールしているつもりになって酷使していた身体も、
今は期限のある借り物として、愛おしんで、大切にしようと思える。
これは、私の意志。
失っていたときは気づかなかったけど、しなやかな「意志」の感覚は、自分の魂が戻ってきたことの一つのサインだと思う。

自分を愛おしむことは、それぞれが人生の中でまずしなくてはならない大切な仕事なのかもしれない。

やっと今、受け入れつつある自分がいるような気がする。
病気であることを。それ以上に、ここまで生きてきた自分自身を。
病気になる前の、元気な私を、がんばっていた私を、
病気になって、たくさん迷った私を。

たくさんの、たくさんの人の力を借りて。
ずっと見守ってくれた人、もう会えなくなった人も。


私はたまたま病気という現象だったけれど、今、それは私にとっての一つの扉にすぎないと思える(また、体調が悪くなったらどんなふうに感じるかは分からないけれど)。
人はそれぞれにいろんなことを抱えて、生きている。
いろんな現象をきっかけにして、自分と向き合い、自分をありのままに愛おしむというあり方に気づかされていく。

自分を愛おしみ、自分を生きることの素晴らしさを知ることこそが、人生の目的なのかもしれないと思う。

そしてどんな回り道も、過ちも、失敗も、ただただひたすらに、慈愛の眼差しで見守られているのだと思うのです。

R0013463.JPG


posted by Yoriko at 02:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする