2011年09月09日

SORA3

空が赤く染まり、夜がきて、月が輝き、またまぶしい朝がくる。

それはこの地球という星の呼吸。この星の神秘。





この星の上で、今日も繰り返されるいのちの営み。

失われていくいのちがあり、生かされているいのちがある。






それが理不尽なことかという問いさえ意味をなさないほどに、この宇宙の神秘ははかりしれない。

それぞれが与えられた自分といういのちを愛し、最大限に輝かせることしか、できることはないのだと思う。




(写真をクリックするとwebアルバムをご覧いただけます。)


【関連する記事】
posted by Yoriko at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225065596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック