2010年07月12日

永遠の一瞬


押戸石.jpg




風の吹き渡る一面の草原のまんなかに、
小さな和室。

私はその部屋にひとり佇んで、
吹き抜ける風に身をゆだねていた。


次の瞬間、
私は青い海の中にいて、
今度は光る波に身をゆだね漂っていた。


静かに満たされた、ときのない瞬間。

世界は私で、
私は世界にいだかれている。

あたたかな、やわらかな、なにもない静寂…


この地上でさまざまなことに出逢い体験しながら、
私の魂は、ほんとうはずっと、そこにいるのかもしれない。

朝のまどろみの中訪れた、永遠の一瞬。





posted by Yoriko at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。