2015年03月24日

『君の天使』

まだ、あまり桜が咲いていないから、花冷えというには早いかしら。

でも夕方、外を歩いていたら、桜のつぼみが今にも咲きそうにふくらんで
木全体がほんのり赤く見えました。


数年前に、友達の大切な猫がお空にかえっていきました。

そのとき作った曲です。

その半年前には、我が家のあんこも。
でも、すごく強い子たちでした。
あんこは、家族が帰るのを待っていてくれたし、
友達の猫ももう、魂は半分、ちいさな体から抜けちゃってるんだろうな、と思えるような
透明な目をしながら、ぎりぎりまでそばにいてくれた。

そのとき、「魂」というものがあるとはっきりと感じたし、
その「意志」のようなもの、そのひときわ輝くような強さ、やさしさ、純粋さを目の当たりにしたのでした。


だから、目に見えなくなっても、手に触れられなくなっても
きっと大切な存在はそばにいて、見守ってくれていると思うのです。

目を上げればそこにある風景の中に、ひかりになって。

週末には、花もほころびるかな。






posted by Yoriko at 23:12 | TrackBack(0) | 曲・動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。