2014年03月25日

KISANA LINES

ひさかたの 光のどけき 春の日に
しずこころなく 花の散るらむ…


先日、姪っ子たちと百人一首をして遊びました。
子どもの頃は、意味のわからなかった歌。

大人になって読んでみると、
なんて美しいのだろう、と涙が出そうなほどに感じられます。

何百年も昔、私たちのご先祖さまたちは
どんな風景を見て、どんなことを感じて日々の生活を暮らしていたのでしょう。


KISANA LINESは、映像作家の桐山知子さんがつくられた
美しい地球に宿る物語を
未来の子どもたちに届ける映像図書館
です。

ご縁あって、その中の1つ「声ものがたり 宇宙(そら)ごよみ」に、CDに収録した曲「冬のきらめき」を使っていただきました。
(ブログで紹介してくださったページはこちらです。)

音のない、冬の美しさ。降り積もる、この世に2つとない雪の結晶。そして真っ白な世界を超えて春を迎える、花たちの鮮やかな色。
自然ってすごい。


他の作品も素晴らしい映像を通じて、桐山さんや、出演者の方々の思い、自然からのメッセージが伝わってきます。

雨がふって、みずみずしく葉を広げる木々や、
森の中に響き渡る鳥のさえずり。。

匂いや温度まで伝わってきそうな映像を見ていると、深呼吸したくなります。
そこに流れる、「いのちの循環」のストーリー…

未来の子どもたちは、この映像をみて、どんなことを感じるのだろう。

よかったら、ご覧ください。
(製作費のために、一人700円をお支払すると
図書館にある映像をすべて観ることができます。)

いつも、ありがとうございます


posted by Yoriko at 15:59 | TrackBack(0) | 音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする